STAFF

監督:副島 新五

1971年長崎生まれ、大阪芸術大学卒。1999年から神戸の劇団に所属し、俳優として舞台・テレビ・映画にて活躍。自身でも舞台や映像作品をプロデュースする。2011年より映画監督としての活動を本格化する。

企画・原案・脚本:波流 じゅん

ネイムマネジメント(株)所属 WRITE STAFF GUILD関西支部代表 

制作者集団DARKHORSE代表

平成29年度「橋田賞新人脚本賞」 最終選考作品が映画化

音楽:小野川 浩幸

『水の中の八月』『ユメノ銀河』ベルリン映画祭パノラマ部門、『五条霊戦記』『ELECTRIC DRAGON 80000V』『鏡心』の石井岳龍監督作品全ての音楽を担当する。深田晃司監督作品『さようなら』東京国際映画祭コンペディション部門、『淵に立つ』カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞受賞、『海を駆ける』『よこがお』ロカルノ国際映画祭コンペティション部門の音楽を担当する。
楽曲を提供したイギリスドキュメンタリー映画『John Was Trying to Contact Aliens』のMatthew Killip監督がサンダンス映画祭短編ドキュメンタリーグランプリ受賞。

プロデューサー:前田 和紀

和歌山県出身。『ソウル・フラワー・トレイン』(13/西尾孔志監督)で初長編映画プロデュース。『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』(18/藤原知之監督)『ソワレ』(20/外山文治監督)など和歌山ロケの作品を続けてプロデュースし、19年和歌山市文化奨励賞受賞。

助監督:奥野 憲吾

   撮影:宮崎 裕也

   照明:仲村 逸平

   録音:古屋 ゆうき

撮影助手:佐藤 聡志吉矢 響平

録音助手:鬼村 悠希坂口 里空

 衣装:竹本 学

アシスタント:平山千夏

メイク:岩咲希 しのぶ

アシスタント:西森由依 三谷加奈子

アシスタントプロデューサー:佐藤 美智子

​宣伝プロデューサー:永尾康祐

​主題歌 「Hello to Goodbye」Cheri*   

作中歌 「光は刺す」造酒耕平

協力:「ひとつぼっち」海南地域撮影応援隊

               わかやまフィルム・コミッション

制作:ACRAFT

​配給協力:SDP

IMG_6231.jpg

配給・宣伝・製作: DARKHOUSE