~平成29年度橋田賞新人脚本賞最終選考作品~
~令和3年度日本セルビア映画祭入選~

​脚本家・波流じゅんが紡ぎ出す
明日を生きる光を見出す物語。

劇場情報
2022年
1/8(土)~1/14(金) 新宿K’s cinema
1/14(金)~2/10(木) ジストシネマ和歌山
1/15(土)~1/23(日) シアターセブン(大阪)
1/28(金)~2/3(木)小倉コロナシネマワールド(福岡)
2/11(金)~2/17(木) 
ツゲキ(札幌)
3/25(金)~3/31(木)  別府ブルーバード劇場(大分)

4/2(土)~4/8(金)   シネマスコーレ(名古屋)


全国順次公開中



 

DSC_1442_edited.jpg

​傷つきながらも懸命に生きてきた大人たちに

誰かの人生に、そっと寄り添える作品にしたい、

そんな想いで「波子」を演じました。

目をつぶりたい・記憶から消したい過去でも、

心揺らぎながらも必死に生きる波子の生き方を

見届けてやってください。

​傷つきながらも懸命に生きてきた大人たちに

観て頂きたい映画です。

主演・木村波子役 広山詞葉

​脚本 波流じゅん

愛されなかった記憶は、影のように自分の人生につきまとう。

どこか諦めたように生きていくしかなくて、

それでも心の奥底では人一倍愛を求めてしまう。

愛を求めるがゆえ間違えてしまう。

​この映画を観たあと、小さな一筋の光が射し込み、

誰かの心をほんの少しだけでも温かくしてくれたら

と願っています。

​誰かの心をほんの少しだけでも温かく